ここで、Cクラスは、後輪駆動で、

後ろのスペースが狭くなるわけですが、前輪駆動専用のCLAは、この部分にも利点がないようです。一応室内空間では、CLAが上級クラスCを越えられずにいるようですね。

室内の場合は、ダッシュボードのCクラスは速度計が中央にあり、左右に温度計とエンジン回転計があるが、CLAは、左右二つに分かれて中央の空き領域にマルチディスプレイ機能があります。空調機がスポーティに変わったのが、より若い印象を与えているものの、大きな差はないですね。

写真を見ると、どの車の後部座席かすぐに分かることができますか?

そのエディタのキーが193cmですね。まあもしそうなら、あるの程度考慮をする必要があります。しかし、基本的にCLAの後部座席は大人が座るより子供や若者が座れるレベルというのが評価の結果でした。

エンジンは、ドイツの標準では、Cクラスは11個のラインナップを揃えています。ここにはAMG高性能バージョンも含まれています。一方、CLAは、今開始する自動車であり、一種の派生モデルで5つのエンジンラインナップを揃えています。ガソリンとディーゼルそれぞれ一つずつエンジンと車の価格を比較すると、次のとおりです。管理人のお世話になってるサイト⇒abcマート 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です